×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2006

2月



        2月上旬

2006年2月某日、株式関係の雑誌を2冊ほど購入し、株の知識を取り入れる。
ネットで株の取引を行うには、証券会社を通して行う必要があるらしい。
証券会社は雑誌やデイトレーダーの書き込みを参考にしたうえで、結局適当に決めた。
会員なら夜間での取引が可能な上、多彩な注文が可能なことに目をつけ、そこに口座を開設する。
証券会社はマネックス・ビーンズ証券に決定した。



         2/17 金

早速取引用の口座に資金を入金。額は50万円。
人によってはたかが50万、なんていう奴もいますでしょうが、低賃金の社会の底辺で稼いだ50万。重さが違います。

それ以降、株価を眺めて株価の波を見切る勉強、目ぼしい銘柄の発掘を行う。
十分資金があるならいざ知らず。とりあえず50万くらいから増やすには値動きの激しい銘柄を発掘する必要がある。
雑誌によると新興企業などがそれに当たり早速探してみる。
・・なんと、株によっては1日の値動きが10万以上変動するものもあるではないか!
しかも株価も50万以下で購入できる値動きの激しい銘柄も多数ある!・・・自分は期待を寄せた。
が、今はまだ会社を辞めておらず値動きの激しい株に手を出すのは自殺行為と判断した。
とりあえずデイトレは辞めて週トレを行い株の売買の勉強をすることにした。