×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



成買・成売=成り行き注文で売買 指買・指売=指値注文で売買 自=自動売買 夜買・夜売=マネックスナイターで売買 MRP=マーケットライダーP


2006

10月




          10/6 金

今日は会社の振り替え休日で休みだ。
前日は遅番だったが、数少ない平日での休日なので例によって無理して早起きすることにした。
早起きというか、風呂で寝てしまい、気が付いたら8時を過ぎていた。
手足はふやけきって、土左衛門寸前。
睡眠時間は短くとも、せめて布団でゆっくり寝たかったなぁ・・・。
朝から凹みながら、朝食代わりの肉まんと眠気覚ましの紅茶をすすった。

前日のNYは最高値を更新したらしい、日経平均もその煽りで連日連夜の高騰で盛り上がっていた。
目立つのは低位株が軒並み高騰していたことだ、日経が高値とはいえメインで取引をしているのは大物投資家達で、
高値圏での取引に不安がある中堅や、ペーペーのトレーダー達によって低位株が物色されているらしい。
ランキングを見ると、低位株たちが高値をつけていた。
そんな訳で今日のトレードも低位株に注目して行こうと思う。

が、ここで大きな不安がある。
日経がいくらなんでも騰がりすぎ。さすがに、ボチボチ下落するの筋だろう。
低位株にしても仕手性の高い株はあっという間に急落する。
個人的には完全に乗り遅れ感があり、市場の景気が良いとはいえ不安感である。

早速相場が取引を開始した、案の定寄り付きで安値をつけた。
各銘柄を見ると、やはり低位株が高騰を続けていた。

先週はチキンのために、大きなチャンスを何度も見逃すという損を繰り返した。
しかし今日の俺は違う、俺は学んだ・・。
臆病者に明日は無い!一歩前に踏み出す勇気がなければ何も得られないんだ!

指買 8260 井筒屋 157x1000 手数料 
-2,625

例によって心臓がバクバクし、震えがきた。
ここは我慢だ・・・。勇気だ、勇気を持つんだ。
勇気を出して待っていたら、株が下落しだした。

156
155
154


ゲゲ!やばい!損切りだ!
・・・いや、まて!これではいつもと同じではないか!!
勇気を持て!ここは我慢だ!!

153
152
151
150



昇天。

しかし、その値を境に売りがやんだ。どうしましょうか、この株。
日経を見ると、下がっては いるものの底堅い。この株も東証一部なのでそれに沿って底堅い。
買いは入るが騰がる気配はほとんど無い、チャートも下げる形となってきてサッサと退散したほうが良いと判断した。
底値から少し反発したところを狙って損切り。

指売 8260 井筒屋 153x1000 
-4,000

結局、午前中はこの株の塩漬けで終わった。
何が勇気だ。
早めに見切りをつけて、他の株に乗り換えていたらマイナスを取り返せたものを・・・。
寄り付きの高騰はすごく大事だが、乗り降りのタイミングを間違えると かなり痛い目にあうな。

後場に入っも日経は、底堅いまま もみ合いを続けていた。
自分は「高値で買って安値で売る」という最悪の売買を繰り返していた。

指買 1997 暁飯島 155x2000
指売 1997 暁飯島 148x2000 
-14,000

指買 3814 アルファックス 244,000x1
指売 3814 アルファックス 246,000x1 +2,000

指買 3230 スターマイカ 216,000x1
指売 3230 スターマイカ 214,000x1 
-2,000

指買 6208 石川製作 172x1000
指売 6208 石川製作 167x1000 
-5,000

株の値動きに翻弄されて騰がったら買い、下がったら慌てて売り。
あとで落ち着いて見れば、押し目や底値が良く分かり、一番買っちゃいけないタイミングで売買していた。

総計してみるとマイナスが2万6千程度、加えてMRPの使用料金が差し引かれたので合計で3万のマイナス。
気が付けば、初めは50万の資金が30万に減っていた。
うーむ・・・。会社辞めるって言っちゃったしなぁ・・・。
どの道会社にいても飼い殺し、戻るも進むも死ぬしかないのか。

愚痴はともあれ脳内反省会をしようか。
まず、寄り付きにこだわりすぎて焦って買いを入れたのがまずかった。
後場の暁飯島の失敗で、マイナスに対して麻痺してしまった。
特に、欲に駆られて2000株も買ったので、傷口が余計に広がった。
その後は、短絡的にガンガン買いを入れて返り討ちにあう始末だった。
相場の読みに関しても甘い考えがあった。
騰がるかもしれない・・・。などと都合のいい考えがよぎり、下げる形にもかかわらず保持していたことが多かった。
アルファックスのプラスは、たまたま運が良かったと考えたほうがいいだろう。
前回のトレードは、利益は少なかったものの、買いに際しては十分に考慮して買いを入れていたので、痛い目にあわなかった。
何処かの本に書いてあったが、休むときは休む、動くときは動くのメリハリが大事だそうだ。
今日は、前回の反省から無理やり動いていた感があったが、短絡的に行動して勝てるほど腕があるわけじゃない。

自分に必要なのは、売り買いのタイミングを冷静に判断して行動することだろうか。
チャートや板も見切れてきているのに、その場になると判断が出来なくなっている。
とにかく慎重になりすぎず、焦らずにトレードを進めていかなければならない。


−その夜−
俺は癒しを求め、自然と某巨大掲示板にたどり着いた。
「種銭が半分以下になった人のスレ」なるものを見ると、俺なんか足元に及ばない つわもの達が大勢いた。
900万→80万 550万→50万・・・。
このスレの住人達はみな、お互いの傷を舐めあって生きていた。

癒される・・・・。

そうだ、苦しいのは俺は一人じゃないんだ!!それに種銭もまだ残っている。
このまま会社で飼い殺しになるなら・・、と思って決めた道、そう簡単に引き下がれるか!
俺はやる!やるぞぉ!!

馴れ合いにどっぷりと浸かりながら 秋の夜は更けていく

MRP使用料金が徴収されていた 
-3,990

本日の収支 -29,615 総資産 301,274



          10/12 木

今日、突然上司に呼ばれた。
なんでも仕事が無くて暇でしょうがないから、少し休んでくれとのこと。
有給はまとめて取りたいのに・・・。しかし、ここで休めばデイトレが出来る。
12月の消化突入まで、平日の休みは ほとんど無い。
不満はあるが、ここいらでまた取るのも良いものだ。

そういう訳で、デイトレが2日出来ることとなった。
正直、前回の大敗が重くのしかかり、結構嫌気が差している。
しかし今更引けない。大敗以来、某巨大掲示板で馴れ合いの日々を続けていた。
上でも書いたが、やはり世界は広い。大敗どころではない負けっぷりの方々が大勢ひしめいており
その愚痴を見ているだけでも救われた気持ちだ。
高値で買って安値で売る癖のある方々は、少なからず存在するようだ。

とにかく、明日はもう負けられない。
最近の日経は高値なのに、実際は下げている銘柄がほとんどという分けの分からない事態になっている。
日経を形作っている主力銘柄のみが騰がって、他は下げるといった形らしい。

何はともあれ、明日に備えてMRPで有望な銘柄を選抜した。
明日負ければ、最悪は種銭の補充となる。しかもちょうど給料日だし。
そんな明日は13日の金曜日。最高の日に崖っぷちのデイトレ。
さて、どんな一日になるのでしょうか・・・。



          10/13 金

一夜明けて今日のNYを確認する。今日は大幅に上げたそうだ。
いつもどおりなら、寄付き高値で始まり下落するパターン。デイトレにはあまり向かない。
こういった日は、寄り付きであまり前日と値が変わらない株に注意したい。

市場が始まると、予想通り寄り付き高値で始まった。
寄付きが前日と同じ銘柄はやはり始めで高騰した。
俺は慎重になりすぎて手が出せなかった。
オロオロしているうちに寄り付きのラッシュが終わった。
各銘柄を物色して、じわじわ右肩上がりの銘柄に目をつけ購入。

指買 2688 レックスHD 210,000x1 手数料 
-26,25

しかし、売りの勢いが増したように感じたため同額で逃げ売りをした。

指売 2688 レックスHD 210,000x1

同額で損はしていなかったが、手数料が引かれて結果としてマイナス。
わずかでもプラスにならなければ嫌気が差し、結果的に焦って買いに走る。
何か買わないと・・・。
俺は買いに急いで各銘柄を物色した。
そして、値動きの良いIPOに目をつけ購入した。

指買 2126 GCA 262,000x1

が、すぐに下落。ボリンジャーバンドを確認するとバンドの天井で買っていた。
何やってんだ俺は・・・。
その後株は下げるものの底堅い。258,000の辺りでもみ合っていた。
が、前場の終わり辺りで爆下げ開始。
大口の投資家様たちが投売りの嵐を見舞った。
株価は250,000辺りまで下げた。
ところが そんな状況でも自分は案外冷静だった。
て言うか、もう麻痺してしまったのか?

俺が見るに今までの新規興行株はありえない値動きで動いている。
それならば、大きく下げれば大きく上げる、底堅いのは事実だし。
と、騰がることを暗に期待しての持ち越しだった。
今日は日が良いし、何かが起こるかもしれない。起きてちょうだい。

−後場−

食事を済ませたらゆっくりとPCの前に座った。
板を見るとなんと値上がりしている。
後場の始めに買い注文が殺到していたようだ。
やはりIPOはありえない値動きだ!!
しかし、騰がったといってもまだまだマイナス。
しばらく底値でもみ合ってはいたが、「下がれば買い」といった、かなり期待の出来る展開。
チャートから推測し、恐らく以前の高値の270,000くらいまでは騰がるだろうと予測した。

下がっても下がっても買いが入る。板の買いは薄いのに、何故か下がらない。この生命力は まるでソンビだ。
以前見たIPOとまったく同じパターン・・こりゃ騰がるな。
午後2時ごろ、
とうとう自分の買値まで値を戻した。ありえねえ・・・。
株価の分岐点は以前の高値まで、ちょうど自分の買値のところだ。
そこから騰がるか下がるかに分かれる。一日のうちに下落した値が下落前の値に戻したので高騰する可能性が高い。
しかし、そこまで見切れる自信はまだ無い。利益のあるうちに売ろう。

指売 2126 GCA 264,000 +2,000

その後確認したらやっぱり270,000位まで上昇していた。見切っていたのに・・・・。
とにかく奇跡の粘り勝ち。しかし手数料でまだマイナス。

その後高騰する株もちらほらあったが、躊躇して乗り遅れるのがほとんどで買いそびれた。
焦って買うとロクなことが無い。じっくり行こう・・・。

じっくりしてたら3時を過ぎてしまった。
チャンスは3時10分まで取引があるヘラクレス市場のみとなった。
株ランキングを物色し、高騰している株を見つけた。
株は高値でもみ合いをしていて、そこでピンと来た。

指買 2448 イーコンテクト 250,000x1

自分はこの株は、ここいらが山だと感じた。
しかし、何故買ったのか?
まだ駆け出し直後の自分なら、この高値に必ず手を出しているはず。
俺は見た、馴れ合いで行った某巨大掲示板。同じ類の人間がひしめいていた!
高値買いの方達は、きっとここで手を出すはず!!
買ったらすかさず1ティック反転して売り!

指買 2448 イーコンテクト 251,000x1

予想通り買われていった。株はすぐに失速。
売買はわずか1分間の出来事だった。
見事な反転売り!

完璧!今日はクールに取引を決めたぜ。
では、今日の収支を計算しようかね。

−本日手数料差し引きの純利益 375円

アホかー!!

しかし、あの地獄の暴落から利益で生還したんだらか良しとするか。
それに、引け際の見事な反転売りも見逃せない。
一番は、冷静に相場と板を読めたことを評価したい。
今日は俺的には100点。来週も落ち着いて取引しよう。

本日の収支 +375 総資産 301,649



          10/15 日


明日も無理やりの休日で取引が出来る。
前回はかろうじてプラスとなったが、毎回上手くいくとは限らない。
例によってMPRで明日の銘柄を選別した。
銘柄の選別は、ランキングを見ながら選別しているが、さすがにペーペーの素人の選別では心もとない。
最近は投資を扱ったサイトが多くあり、そこでデイトレーダーや明日のデイトレお勧め銘柄なんかを紹介していている。
自分もそこを参考に銘柄を選別している。
さすがにプロの選別だけあってかなりの的中率。
特に、IPO銘柄なんかの公開日もつぶさに教えてくれているので、非常に助かる次第だ。
明日も落ち着いてがんばらねばな・・。



          10/16 月

本日のNYは、またもや高値更新をした。
例によって、日経は寄付き高値でスタートする可能性が高い。
金曜と同じで寄付きは要注意だ。

相場が始まると、高騰暴落する株がはっきりと分かれている状態だった。
俺は各銘柄を物色し、寄付き高値だが下げない強い株を見つけて購入した。

指買 8947 ノエル 274,000x1 手数料 
-2,625

が、気が付くと例によって高値掴み。
前回あれほどクールに決めたのに、今度は俺がカモにされました。
今までの傾向を見ると、どうも買いの際は一種の催眠状態見たいのに陥って、周りが見えなくなる。

−脳内−

俺A:買え!今こそ買うんだ俺!買え! 買えー!!!

俺B:う、うおぉあぁーー!!買った!買ったぞー!!
ぎゃあぁぁーー!!高値じゃん!!

俺A:何やってんだテメーはっ!
死ねっ!

俺B:
うう、すいませんすいません・・・。

チャートを見る限り、ジワジワと右肩上がりで上げる形。
日足でも、下落前の高値をはるかに超していたため、俺は押し目の頂点で購入したと踏んだ。
この株は必ず買いが入る、今は待つんだ・・・。

しばらくすると、予想通り自分の買値に戻した。前回はそこで売りに出してしまったが、今回はもう少し粘ることにした。
今までなら、わずかな下げにビビって投売りをしていた俺だが、冷静に相場を見る目が養われてきた感じである。
その直後、予想通り買いが殺到し、あっという間に値が騰がった。
売り板は厚かったが大口買いが殺到し、売り板は食われていった。
とりあえず、ここいらまでは騰がると踏んでいたので、売りに出そう。

指売 8947 ノエル 281,000x1 +7,000

売りと買いの激しいもみ合いの中、俺の株は買われていった。
結局その株は、さらに上昇していった。
うおー惜しい!もう少し粘ればよかった!!
まぁ、利益が出たからとりあえずは良しとするか。少し損な気もしたが、自分の予想通りの取引は出来た。
今回はしっかりと相場を読みチャートを読み、そして冷静に売り買いが出来た。
いいぜー、いい感じだよ。浮つかずに後場も冷静に行くぜよ。
前場はこれで取引を終えた。

−後場−

取引が始まってしばらくしたら騰がりだした株があったので購入。

指買 7724 金門 251x1000

が、例によって高値掴み。何でかなぁ・・・。
前場に続いてまた塩漬け。
そのまま2時くらいまで保持していたが一向に騰がらず。
粘りに粘って結局仕方なしに売り。

指売 7724 金門 245x1000 
-6,000

が、
売却直後に高騰。呪いだ。
狼狽しながら次の銘柄で止めを刺される。

指買 3230 スターマイカ 231,000x1

今度は落ち着いて押し目を狙っての買い。
・・・が、下落。
騰がりきって勢いをなくしていたところに飛び込んでしまったようだ。

指売 3230 スターマイカ 227,000x1 
-4,000

何とか下落後のわずかな反発に飲まれて買われていった。
もはや、市場は騰がりきった株だらけ、あとはダラダラ下げるだけ−手も足も出せない状態となっていた。

取引終了。
最悪だ・・。前場の利益をすべて吹き飛ばすアホトレード。
7724に関しては神がかっているとしか思えない取引。あれだけ粘って売りに出し、その直後に高騰なんて悔やんでも悔やみきれない。
買いのタイミングが何回やっても高値掴みになってしまう。
今日は、相場に助けられたから損失もここまで済んだが、毎回こうは行かない。
MRPを確認しながら、自分の買いのタイミングを確認しよう。
冗談抜きで買えない株が増えてきた。
もう本当にこれ以上のマイナスは、資金の補填につながる。
買い方さえしっかりしていれば利益は十分に出せているのに、買いを入れる際は一種の催眠状態に陥って冷静さを失ってしまう。
とにかく、負けた理由をしっかり自分の肥やしにしないと、また同じ失敗を繰り返してしまう。
少し落ち着いて負けた理由を模索して行こうと思う。

本日の収支 -5,625 総資産 296,024



          10/17 火

先日で有給を終えたので、今日から会社だ。
しかし、先週から早起きの体内サイクルが出来ているので、トレードが出来る。
今日もトレードを行おうと思って起きてみたら、喉が痛い。
実は、先日から風邪をこじらせており体調が悪い。
昨日然り、今日も休日なら無理をしてでも取引を行うところだが、生憎今日は会社があるので無理は出来ないと判断した。
嬉しいような悔しいような複雑な気持ちだったが、休んで体力の回復を選んだ。
まだ先は長い、じっくり行こうと思う。
やはり会社はつまらない、早く辞めたいなぁ・・。



          10/18 水

風邪がなかなか治らない。
とりあえず無理をせず、今日も株のウォッチをした。今日の日経は、NY共々さすがに下げてきた。
しかし昨日から元気な株がある。IPO株だ。
株の評論なんかでよく目にするが、日経が下げている場合は仕手系の株や、IPOの株に金が集まりやすいそうだ。
確かに、普段なら主力株を相手にしている大物投資家達も、こんな日は投資できない余った金で、それらにつぎ込むということだろうか。
こうして考えると、日経下げの日はIPOや仕手系の株。上げる日は通常通り強い株に乗ったほうが有利というわけだろうか。
それから気が付いたが、多くのの株を渡り歩く場合が有利なときもあるが、一日中持っていたほうが有利な場合もあるようだ。
今までは少しの利益ですぐ売却していたが、その後に伸びるケースも少なくなかった。
今後は少し、それらもふまえた上でのトレードも考えていこう。
少しずつだが、相場全体の流れが読めてきている気がする。焦らずじっくり行こうかね。



10/31 口座利子+46 総資産 296,070



          10月のまとめ

今月の収支 -34,819(内手数料 -7,875 総資産 296,070

実践を繰り返す日々。痛感するのは己の臆病さ。恐れが全てをダメにしている。

   実際株に触れてみて分かったこと

1. 毎回毎回、焦って売り買いすることが良いとは限らない。バタバタ動くと損するだけ。時には休んで観察することも大事。

2. 株によっては粘ると良い結果につながることもある。早めに逃げることも大事だが、時と場合によってはホールドも。